第1章 総則Chapter 1: General Provisions

第1条(規約の適用)Article 1 (Application of Terms and Conditions of Use)

  1. この規約は、株式会社LecoS(以下「当社」という)がオープンバッジの受領者(以下「受領者」という)に対して提供するオープンバッジ利用サービス(以下「本サービス」という)についての一切に適用されます。These terms and conditions apply to all Open Badge usage services (hereinafter referred to as the “Service”) provided by LecoS, Inc. (hereinafter referred to as the “Company”) to recipients of Open Badges (hereinafter referred to as the “Recipients”).
  2. 受領者は、本サービス上の本規約掲載画面の本規約に「同意する」ボタンをクリックすること、または当社が指定するその他の方法で本規約の内容への同意を表明することにより本規約の内容を承諾しているものとみなされます。Recipients are deemed to have accepted the contents of these Terms of Use by clicking the “I Agree” button on the screen displaying the Terms of Use screen on the Service, or by expressing their agreement to the contents of these Terms of Use in any other way designated by the Company.

第2条(受領者への通知)Article 2 (Notification to Recipients)

  1. 当社は、インターネット上または当社が適当と判断する方法により、受領者に対し随時本規約に関わる必要な事項を通知、または照会できる状態におきます。The Company will notify the Recipients of the necessary matters relating to these Terms of Use at any time via the Internet or in any other manner the Company deems appropriate, and the Company will be in a position to make inquiries.
  2. 前項の通知は、当社が当該通知を前項の規定で行った時点より効力を発するものとします。The notice set forth in the preceding paragraph shall take effect at the time the Company gives such notice as set forth in the preceding paragraph.
  3. 当社が受領者に対して行った通知はこの規約の一部を構成します。Any notice given by the Company to the Recipients shall constitute part of these Terms.

第3条(規約の変更)Article 3 (Amendment of the Terms of Use)

  1. 当社は受領者の了承を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合、本サービスの利用条件は変更後の規約によります。The Company reserves the right to change these Terms of Use at any time without obtaining the approval of the Recipient. In this case, the terms of use of the Service shall be governed by the amended Terms of Use.
  2. 規約の変更内容は、受領者へ通知するものとし、本サービス上に表示した時点より効力を発するものとします。Any changes to the Terms of Use shall be notified to the Recipients and shall enter into effect when displayed on the Service.

第4条(規約の範囲)Article 4 (Scope of Terms of Use)

  1. 当社が別途個別サービス規定または追加規定を行った場合、当該規定は本規約の一部を構成します。In the event that the Company makes separate or additional provisions for individual services, such provisions shall constitute a part of these Terms of Use.
  2. 本規約と個別サービス規定および追加規定が異なる場合には、個別サービス規定および追加規定が優先するものとします。In the event that the Terms of Use differ from Individual Service Rules and Additional Rules, the Individual Service Rules and Additional Rules shall take precedence.

第5条(定義)Article 5 (Definitions)

  1. 「オープンバッジ」Open Badge
    オープンバッジとは、IMS Global Learning Consortium, Inc.が定める世界標準規格Open Badgesに準拠したデジタル表示であり、その発行体が提供する資格認定・講座・学業単位・業績等の履歴、学習成績、資格・単位の取得情報等を現すものです。Open Badges are digital representations that comply with the Open Badges global standard set by IMS Global Learning Consortium, Inc. and represent a history of credentials, courses, academic credits and achievements, learning achievements, and information about qualifications and credits provided by the issuing entity.
  2. 「オープンバッジウォレット」Open Badge Wallet
    受領者が受領したオープンバッジをインターネット上に表示させる本サービスの機能の一部です。It is part of the Service’s functionality to display the Open Badges received by Recipients on the Internet.

第2章 オープンバッジの受領Chapter 2: Receiving Open Badges

第6条(オープンバッジの受領)Article 6 (Acceptance of Open Badges)

  1. 受領者が、本サービスにオープンバッジの受領者情報を登録することにより、オープンバッジが受領されます。A Recipient will receive an Open Badge by registering their recipient information for the Open Badge on the Service.
  2. 受領者情報を登録する際は、受領者ご自身の保有するEメールアドレスをご登録下さい。
    会社や学校、ご家族等、複数の人によってEメールアドレスを共用されている場合においては、当該共有者の総意で当該受領者に当該Eメールアドレスでの受領者情報の登録を認める場合に限り、当該Eメールアドレスでの受領者情報の登録を認めるものとします。ただし、この場合も、本サービスの利用については受領者ご自身に限定するものとします。
    Please register the individual email address when registering information about the recipient.In case multiple persons are sharing one email address such as on the job or at school,we accept the registration of recipient information using the same email address based on unanimous agreement of all those involved.
  3. 当社は、受領者が登録した利用開始日をもって、受領者に対しオープンバッジウォレットの利用資格を与えるものとします。The Company shall grant the Recipient the rights to use the Open Badge Wallet as of the start date registered by the Recipient.
  4. 当社は、当社が必要と判断した場合、受領者の本人確認を行うため、受領者に対し必要な書類等の提示を求めることができるものとします。If the Company deems necessary, the Company may request a Recipient to present necessary documents in order to verify the identity of the Recipient.

第7条(IDおよびパスワード)Article 7 (ID and Password)

  1. 当社は、受領者に対し本サービスの利用に必要となるIDを発行します。The Company shall issue an ID to the Recipient, which is required to use the Service.
  2. 当社は受領者により登録された本サービスのパスワードを第三者に開示しないものとします。The Company shall not disclose the password registered by the Recipient for the Service to any third party.

第8条(譲渡禁止等)Article 8 (Prohibition of Transfer, etc.)

受領者は、受領者として有する権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできません。A Recipient may not assign, sell, transfer, change the name of, pledge or otherwise encumber the rights held by the Recipient to a third party.

第9条(変更の届出)Article 9 (Notification of Changes)

  1. 受領者は本サービス上に登録されている受領者情報に変更が生じた場合、速やかに当社所定の方法で変更の届出をするものとします。If there is any change in a Recipient’s information registered on the Service, the Recipient shall promptly notify the Company of the change in the prescribed manner.
  2. 前項の届出がなかったことにより受領者が不利益を被ったとしても、当社は一切その責任を負いません。The Company shall not be liable for any disadvantage suffered by the Recipient as a result of failure to notify the Company in the preceding paragraph.

第10条(設備等)Article 10 (Equipment, etc.)

受領者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての設備を自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態に置くものとします。また、自己の費用と責任でインターネットにより本サービスに接続するものとします。Recipients shall prepare, at their own expense and responsibility, the communication equipment, software and all other equipment necessary to use the Service, and shall install them in a state where the Service can be used. Recipients shall also connect to the Service via the Internet at their own expense and responsibility.

第3章 サービス利用Chapter 3: Use of the Service

第11条(提供サービス)Article 11 (Services Provided)

当社は、受領者に対し受領者が獲得したオープンバッジを、インターネット上に表示させるオープンバッジウォレットサービス、および以下の付帯サービス(以下「付帯サービス」という)を提供します。The Company shall provide the Recipient with the Open Badge Wallet service to display on the Internet any Open Badges earned by the Recipient, and the following ancillary services (hereinafter referred to as “Ancillary Services”).

  1. 受領者のプロフィール登録Recipient’s profile registration
  2. オープンバッジの公開サービスOpen Badge disclosure service
  3. オープンバッジの検証サービスOpen Badge verification service
  4. その他、上記に付帯するサービスOther services incidental to the above

第12条(サービス利用開始)Article 12 (Start of Service Use)

  1. 当社は、受領者に対するIDの発行をもって本サービスの利用を当該バッジ受領者に対し許諾するものとし、当該バッジ受領者は本サービスを本規約に定める条件に従って利用することができるものとします。By issuing the ID to the recipient, the Company grants the Recipient of the Badge access to the Service, and the Recipient of the Badge may use the Service in accordance with the terms and conditions set forth in the Terms of Use.
  2. 受領者は、自らが登録したオープンバッジウォレットの利用開始日をもって、本サービスの利用が可能となります。Recipients shall be able to use the Service as of the first day of use of the Open Badge Wallet for which they have registered.

第13条(サービスの利用中止)Article 13 (Discontinuation of Use of the Service)

受領者は、本サービスの利用中止を希望する場合、当社所定の方法により届け出るものとします。If a Recipient wishes to discontinue using the Service, the Recipient shall notify the Company in accordance with the prescribed method.

第14条(オープンバッジの削除)Article 14 (Deletion of Open Badges)

受領者は、本サービス上にあるオープンバッジの一部、または全部を削除することができます。そのとき、オープンバッジ削除に関する情報は、発行者に通知されません。なお、受領者により一旦、登録が削除されたオープンバッジは、削除の取消し、または登録を復元することはできません。Recipients may delete any or all of the Open Badges from the Service. At that time, the issuer will not be notified of the deletion of the Open Badge. However, once an Open Badge has been deleted by a Recipient, the deletion cannot be reversed and the registration cannot be restored.

第15条(IDおよびパスワードの抹消)Article 15 (Cancellation of ID and Password)

当社は、受領者が本規約の規定に違反した場合、当該受領者に対する通知をもって本サービスの利用を停止し、発行済のIDおよびパスワードを抹消することができます。In the event that a Recipient violates the provisions of these Terms of Use, the Company may suspend the use of the Service and cancel the issued ID and password upon notice to the Recipient.

第16条(オープンバッジの利用停止)Article 16 (Suspension of Use of Open Badges)

当社は、受領者のオープンバッジの内容に重大な不備があった場合、当該オープンバッジ受領者に対する通知をもって、当該オープンバッジの利用を停止することができます。The Company may suspend the use of a Recipient’s Open Badge upon notice to the Recipient if the content of the Recipient’s Open Badge is materially incomplete.

第4章 オープンバッジ受領者の義務Chapter 4: Obligations of Recipients of Open Badges

第17条(IDおよびパスワードの管理責任)Article 17 (Responsibility for Management of ID and Password)

  1. 受領者は、本サービスを利用するための自己のIDおよびパスワードの使用および管理について一切の責任を負うものとします。Recipients shall be solely responsible for the use and management of their own ID and password for use of the Service.
  2. 当社は、受領者のIDおよびパスワードが第三者に使用されたことによって当該受領者が被る損害について、当該受領者の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。The Company shall not be liable for any damages incurred by the Recipient due to a third party’s use of the Recipient’s ID and password, regardless of whether or not the Recipient was intentionally negligent.
  3. 受領者は、自己の設定したパスワードを失念した場合、またはIDおよびパスワードが盗まれたり、第三者に使用されたりしていることを知った場合には、直ちに当社に申し出るものとし当社の指示に従うものとします。In the event that a Recipient loses their set password, or learns that their ID and password have been stolen or used by a third party, the Recipient shall immediately notify the Company and act in accordance with the Company’s instructions.
  4. 当該IDおよびパスワードによりなされた本サービスの利用は、当該受領者によりなされたものとみなし、当該受領者はその他の債務の一切を負担するものとします。Any use of the Service made with such ID and password shall be deemed to have been made by the relevant Recipient, and the relevant Recipient shall bear all other obligations.

第18条(自己責任の原則)Article 18 (Principle of Self-responsibility)

  1. 受領者は、自己のIDおよびパスワードにより本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について当該行為を自己がしたか否かを問わず責任を負います。Recipients shall be responsible for all actions taken using the Service with their IDs and passwords, and for the results of such actions, regardless of whether or not they themselves took such actions.
  2. 受領者が付帯サービスを利用したことに関する責任は受領者自身にあります。The responsibility for the Recipients’ use of the Ancillary Services lies with the Recipients themselves.
  3. 受領者は、付帯サービスの情報について、当社に保存義務がないことを認識し、必要な情報については、受領者自身の責任において適宜バックアップをとるものとします。The Recipients acknowledge that the Company has no obligation to store the information for the Ancillary Services, and the Recipients shall back up the necessary information as appropriate at their own responsibility.
  4. 受領者は、本サービスの利用に伴い第三者からの問合せ、クレーム等が通知された場合は自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。The Recipients shall handle and resolve any inquiries, claims, etc. notified to it by a third party in connection with the use of the Service at their own responsibility and expense.
  5. 受領者は、第三者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、当該第三者に対し直接その旨を通知するものとし、その結果については自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。If the Recipient has any requests, questions or claims regarding the actions of a third party, the Recipient shall directly notify the third party of such requests, questions or claims, and shall handle and resolve the consequences of such requests, questions or claims at the Recipient’s own responsibility and expense.
  6. 受領者は、本サービスの利用により当社または第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。In the event that a Recipient causes damage to the Company or a third party through the use of the Service, the Recipient shall compensate for such damage at the Recipient’s own responsibility and expense.

第19条(その他の禁止事項)Article 19 (Other Prohibited Matters)

受領者は、本サービス上で以下の行為を行わないものとします。Recipients shall not perform the following acts on the Service.

  1. IDおよびパスワードを不正に使用する行為。Unauthorized use of the ID and password.
  2. 他人のEメールアドレスでの登録行為。Registering with a stranger’s email address.
  3. 本サービスを通じて、または本サービスに関連してコンピュータウィルス等の有害なプログラムを使用もしくは提供する行為。Use or provision of harmful programs, such as computer viruses, through or in connection with the Service.
  4. コンテンツの全部または一部の修正およびコンテンツを基にした派生的制作物を作成する行為。Modification of all or part of the content or creation of derivative works based on the content.
  5. 当社の商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。Any action that infringes or may infringe on the Company’s trademark rights or other intellectual property rights.
  6. 本サービスを通じて入手したデータ、情報、文章、ソフトウェア等に関し、著作権法で認められた私的利用の範囲を超え複製、販売、出版等を行う行為。Duplication, sale, or publishing of any data, information, text, software, etc. obtained through the Service beyond the scope of private use as permitted by the Copyright Act.
  7. 第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。Any action that infringes or may infringe upon the property, privacy or portrait rights of any third party.
  8. 第三者を差別もしくは誹謗中傷しまたは第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為。Discrimination or slander of a third party, or any act that damages the reputation or credibility of a third party.
  9. 犯罪的行為または犯罪的行為に結び付く行為、もしくはそのおそれのある行為。Criminal acts or acts that lead to or may lead to criminal acts.
  10. 性風俗、宗教、政治に関する活動。Activities related to sex, religion, or politics.
  11. 上記各号の他、法令、本規約もしくは公序良俗に違反(売春、暴力、残虐等)する行為、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損、もしくは財産を侵害する行為、または当社に不利益を与える行為。In addition to the above items, acts that violate laws, these Terms of Use, or public order and morals (prostitution, violence, cruelty, etc.), acts that interfere with the operation of the Service, acts that damage the Company’s credibility or infringe on its property, or acts that cause any disadvantage to the Company.
  12. 上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為。An act that encourages any of the above acts.
  13. その他、当社が不適切と認める行為。Other acts that the Company deems inappropriate.

第20条(利用資格の中断・取り消し)Article 20 (Suspension and Cancellation of Usage Rights)

  1. 受領者が前条の項目に該当する場合、当社は事前に通知することなく直ちに当該受領者の利用資格を中断または将来に向かって取り消すことができるものとします。なお、利用資格が取り消された場合、当該受領者は本契約に基づく債務の全額を当社に対して負担するものとします。If any of the items in the previous article applies to a Recipient, the Company may immediately suspend or revoke the usage rights of the Recipient in the future without prior notice. In the event that a Recipient’s usage rights are revoked, the Recipient shall be liable to the Company for all obligations under these Terms of Use.
  2. 当社は、前項の措置を取ったことにより当該受領者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしてもいかなる責任も負わないものとします。The Company shall not be liable in any way for any damages incurred as a result of a Recipient’s inability to use the Service due to the measures taken in the preceding paragraph.

第21条(損害賠償)Article 21 (Compensation for Damages)

受領者は、本規約および法令の定めに違反したことにより当社を含む第三者に損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとし、当社を含む第三者を免責しなければならないものとします。In the event that a Recipient causes damage to a third party, including the Company, as a result of violating the provisions of these Terms and Conditions or laws and regulations, the Recipient shall be liable for compensation for such damage, and the third party, including the Company, shall be exempt from responsibility.

第5章 個人情報の取扱いChapter 5: Handling of Personal Information

第22条(個人情報)Article 22 (Personal Information)

  1. 当社は、以下の情報を個人情報として取扱います。The Company will handle the following information as personal information.

    1. 氏名、Eメールアドレス等、当社のサービスを利用するにあたり必要となる登録情報。Registration information required to use the Company’s services, such as name and e-mail address.
    2. 利用サービスの内容に関する情報Information about the content of the service used.
    3. 本サービスを利用するために当社が付与したIDおよびパスワード。IDs and passwords granted by the Company for use of the Service.
    4. 本サービスを利用する過程で行われた発言、質問、解答、アンケートへの回答、および質問や解答に対する返答などの情報、ならびに投稿情報。Information such as statements, questions, answers, responses to questionnaires, and replies to questions and answers made in the process of using the Service, as well as posted information.
    5. 本サービスを利用する過程で記録された、ログイン、ログアウト等の情報。Information recorded in the process of using the Service, such as login and logout.
    6. その他、電子メール、電話、FAX、手紙等により、当社との間でなされた問い合わせや申し込み等の情報、およびそれに対する当社からの回答や対応等の情報。Other information such as inquiries and applications made to and from the Company by e-mail, telephone, fax, letter, etc., as well as the Company’s answers and responses to such inquiries and applications.
  2. 個人が所属する法人等が本サービスを利用する場合などにおいて、個人が所属法人等への情報開示に同意している場合は、当該所属法人等に対し個人情報を開示する場合があります。If a corporation, etc. to which an individual belongs uses the Service, and the individual agrees to the disclosure of information to the corporation, etc. to which the individual belongs, the individual’s personal information may be disclosed to the corporation, etc. to which the individual belongs.
  3. 当社は、本条第1項以外の個人情報の提供は受けないものとします。The Company shall not accept any personal information other than the personal information prescribed in Paragraph 1 of this Article.

第23条(個人情報の使用)Article 23 (Use of Personal Information)

  1. 当社は、前条に規定する個人情報を以下の目的のために使用することができるものとします。The Company may use the personal information prescribed in the preceding article for the following purposes.

    1. 本サービスを提供するため。To provide the Service.
    2. 本サービス提供に付帯する業務を遂行するため。To carry out operations incidental to the provision of the Service.
    3. 当社のサービス利用動向の調査および分析のため。To research and analyze trends in the use of the Company’s services.
    4. 当社の新しいサービスの研究または開発をするため。To research or develop new services for the Company.
  2. 当社は、前項の利用範囲において当社の業務委託先である株式会社ネットラーニングホールディングスおよび株式会社ネットラーニングに個人情報の取り扱いを委託します。The Company shall entrust the handling of personal information to Net Learning Holdings Inc. and Net Learning Inc., whom are the Company’s business contractors, within the scope of use described in the preceding paragraph.
  3. 当社は、1項および2項の規定の適用を妨げることなく、以下の項目に該当する場合を除き、前条で規定される個人情報を第三者に開示しないものとします。Without prejudice to the application of the provisions of Paragraphs 1 and 2, the Company shall not disclose to third parties the personal information specified in the preceding article, except in the following cases:

    1. バッジ受領者が個人情報の開示について別途同意している場合。If the Recipient of a Badge has separately agreed to the disclosure of personal information.
    2. 1項の利用目的の達成のために、第三者と共同または委託により情報を取扱う場合。When information is handled jointly with or entrusted to a third party in order to achieve the purpose of use described in Paragraph 1.
    3. 事業譲渡、分社等により営業資産の一部として、個人情報を第三者に引き継ぐ場合。 When personal information is transferred to a third party as part of business assets due to a business transfer or spin-off.
    4. 個人情報を特定の第三者との間で相互に利用する場合であって、あらかじめその利用目的および特定の第三者についてあらかじめ通知され、または公表されている場合。When personal information is used mutually with a specific third party, and information regarding the purpose of use and the specific third party have been notified in advance or made public.
  4. 個人情報の取り扱いに関しては、本利用規約の規定のほか、当社の個人情報保護方針および個人情報の取り扱いに従います。In addition to the provisions of these Terms of Use, the handling of personal information is subject to the Company’s Personal Information Protection Policy and Handling of Personal Information.

第6章 サービスの条件、内容変更、中断および停止Chapter 6: Service Conditions, Change of Contents, Suspension and Cessation

第24条(サービス条件)Article 24 (Service Conditions)

当社は、本サービスの運営に関し本サービスの利用を監視し、必要と認める場合、自己の裁量において本サービスへのアクセスを制限することができます。The Company may monitor the use of the Service in relation to the operation of the Service and, if it deems necessary, may restrict access to the Service at its own discretion.

第25条(サービス内容等の変更)Article 25 (Change of Service Contents, etc.)

当社は、受領者への事前の通知なくして本サービスの内容、名称を変更することがあります。The Company may change the contents and name of the Service without prior notice to the Recipients.

第26条(サービスの一時的な中断)Article 26 (Temporary Suspension of the Service)

  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、受領者に事前に通知することなく一時的に本サービスを中断することがあります。The Company may temporarily suspend the Service without prior notice to the Recipients in the event of any of the following events:

    1. インターネット上に不具合が発生し、インターネットの利用ができなくなった場合。If a problem occurs on the Internet and Internet access becomes unavailable.
    2. 当社が本サービスにおけるインターネット接続を委託している、インターネット接続サービス事業者が保有する通信設備等に不具合が発生し、インターネットの利用ができなくなった場合。If a problem occurs with the communication facilities owned by the Internet connection service provider to which the Company has contracted Internet access for the Service, and Internet access becomes unavailable.
    3. 本サービス用設備等の保守を定期的または緊急に行う場合。なお、保守を定期的に行う場合は、受領者に対し1ヶ月以上前までに通知します。In the event of periodic or emergency maintenance of the Service equipment, etc. However, if maintenance is to be performed on a regular basis, the Recipients shall be notified at least one (1) month in advance.
    4. 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。In the event that the Service cannot be provided due to fire, power outage, etc.
    5. 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。If the provision of the Service becomes impossible due to a natural disaster, such as an earthquake, volcanic eruption, flood, or tsunami.
    6. 疫病、伝染病の蔓延により本サービスの提供ができなくなった場合。If the provision of the Service becomes impossible due to the spread of an epidemic or contagious disease.
    7. 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。If the provision of the Service becomes impossible due to war, unrest, riot, disturbance, or labor dispute, etc.
    8. その他、運用上または技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。In any other cases where the Company deems it necessary to temporarily suspend the Service for operational or technical reasons.
  2. 当社は、前項各号のいずれかまたはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する受領者または第三者が被った損害について一切責任を負わないものとします。Even if the delay or interruption of the provision of the Service occurs due to any of the items of the preceding paragraph or other reasons, the Company shall not be liable for any damage suffered by the Recipients or a third party as a result.

第27条(サービス提供の中止)Article 27 (Discontinuation of Service Provision)

当社は、本サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。この場合、当社は3ヶ月以上前までに受領者に対し通知するものとします。
但し、事前通知について緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。The Company may discontinue the provision of all or part of the Service. In this case, the Company shall notify the Recipients at least three (3) months in advance.
However, this does not apply in the event of an emergency or unavoidable situation regarding prior notification.

第28条(免責)Article 28 (Disclaimers)

  1. 本サービスの内容は、当社がその時点で提供可能なものとします。The contents of the Service shall be those that the Company is able to provide at the time.
  2. 当社は、本サービスの利用により発生した受領者の損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます。)、または第三者の損害に対しいかなる責任も負わないものとし損害賠償義務を一切負わないものとします。The Company shall not be liable for any loss or damage to the Recipients arising from the use of the Service (including loss or damage arising from trouble with a third party), nor shall the Company be liable for any loss or damage incurred by any third party, and shall have no obligation to compensate for such loss or damage.
  3. 当社は、本サービスへのアクセス制限、本サービスの中止・中断などの発生により、本サービスを利用できなかったことにより発生した受領者または第三者が被ったいかなる損害について理由を問わずいかなる責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。The Company shall not be liable for any loss or damage incurred by the Recipients or any third party due to the inability to use the Service as a result of access restrictions to the Service or the discontinuation or suspension of the Service for any reason whatsoever, and shall have no obligation to compensate for such loss or damage.

第7章 その他Chapter 7: Other items

第29条(協議)Article 29 (Consultation)

本サービスに関連して受領者と当社との間で紛争が生じた場合には、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとします。If any dispute arises between a Recipient and the Company in relation to the Service, the parties concerned shall consult together in good faith.

第30条(専属的合意管轄裁判所)Article 30 (Court of Exclusive Jurisdiction)

受領者と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を受領者と当社の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。In the event that a lawsuit becomes necessary between a Recipient and the Company, the Tokyo District Court shall be the exclusive jurisdictional court of first instance between the Recipient and the Company.

第31条(準拠法)Article 31 (Governing Law)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。These Terms of Use shall be governed by the laws of Japan.

附 則Supplementary provisions

  1. この規約は2022年4月1日から施行します。These Terms of Use will be revised and enforced on April 1, 2022.